こばじの家

しあわせに、根拠は必要ない。

デスクワークの時間管理は、○○がおすすめ!

こばじです。



今回は、デスクワークの方向けに

時間計測に関する記事を書いてみました。



日頃の時間管理に備えて

良い影響を与えられればと思います。




目次


はじめに

簡単な自己紹介

静岡県に住むIT企業勤務の20代です。

詳細な自己紹介は以下をご覧ください↓↓

kobaji-kobaji.hatenablog.com

自分の仕事環境

IT企業に勤める私。

仕事はずっとデスクワークです。

毎日12時間以上パソコン画面を見続ける感じです。



2020年の4月頃から現在に至るまで、

ずっと在宅テレワークをしています。



一応出社することはあるのですが、

それでも月1回あるかどうかです。

メリハリのないデスクワークにより集中力・生産性が低下した

テレワークで誰にも見られていない中で

仕事をするとなると、

どうしてもメリハリがなくなってしまいます。

それにより、集中力と生産性の低下を実感しました。



また、このようなメリハリのなさは、

テレワークだけに限らず、

プライベートのブログ執筆や

ちょっとした作業にも影響します。



例えば…

  • ブログ書き始めていたら凝ってしまい1時間経過してしまった
  • 気づいたらネットサーフィンを始めていた
  • 気づいたら寝る時間がなくなっていた

…などなど、私にはよくあります。

メリハリをつけるために時間計測が必要と学ぶ

メリハリがなくなり、

集中力と生産性のなさを感じた私。



そんなある日、

会社の研修を受けていたところ

「時間計測で集中力UP」というキーワードが出てきました。



これは今の自分に大事だ!と思いました。

そこで得た知識なども踏まえ

記事にしています。

実際に時間計測をやってみて

実際に時間計測には色々な方法がありました。

どれも実践してみましたので、ここで感想を書いてみます。

実践してみたツール

早速紹介します。

ここでは以下を紹介します。

ポモドーロテクニックは、まとまった時間管理に向いていた

ポモドーロテクニック」というものをご存知でしょうか。



簡単に言うと、

「25分タスクをこなして5分休む」

というサイクルを続けていく

時間管理テクニックです。



詳細は、

リクナビネクストさんが

わかりやすい記事を用意してくださっているので、

そちらをご覧ください↓↓

next.rikunabi.com



さて、そんなポモドーロテクニック

実践できるWebアプリがあります。



それがポモドーロトラッカーです。

pomodoro-tracker.com



こちらは、タスクを順に入れていき、

時間を計りながらタスクをこなすだけです。



シンプルですね。

タスクをこなす時間、

休む時間、途中で長い休憩を入れるか、

…などなどをカスタマイズすることもできます。



実際に使ってみたところ、

1時間以上かかるようなタスクをこなすのに

とても向いていました。



一方で、10分や20分など、

短い時間で終えられるタスクには

向いていないと感じました。



タスクをこなす時間を25分にしたままだと

すぐ終わってしまい、



タスクをこなす時間を10分など

短い時間にしてしまうと

すぐ時間が経ってしまう。

そのようなツールです。

ストップウォッチは見積もりに向いていた

何にどれくらいかかるかわからないとき、

私はストップウォッチを使っています。



パソコンを使った作業の時には、

こちらのWebアプリを使っています。

www.timer-tab.com



例えば

  • ブログ1本書くのにどれくらい時間がかかるか
  • 電子書籍を1冊読むのにどれくらい時間がかかるか

などなど、

おおよその時間を把握しておきたい場合に活用できます。



このストップウォッチは、

タスクにかかる時間を見積もるのに役立ちました。

タイマーは進捗管理と集中力持続に向いていた

ストップウォッチは、

タスクにかかる時間の

見積もりをするために活用しました。



一方タイマーは、

見積もりができている場合に、

進捗管理をするために使えます。



使用するWebアプリはストップウォッチと同じです。



上述のWebアプリでは、

ストップウォッチとタイマーどちらも利用できます。

  • 10分かかると見積もったタスクをこなす時に10分でタイマーをセットする。
  • 10分かかると見積もったタスクをこなす時に8分でタイマーをセットする。8分経過したら2分追加する。

使い方は自由ですね。



また、タスクに対してやる気が起きないときに

「10分だけ頑張ろう!」という場合にも使えます。



タイマーで10分計測することで、

その間は集中できますし、

気づいたら10分経過していて、

もっと長い時間集中できるようになっているものです。

心身維持と成果に繋がった

進捗管理・見積もりができるようになった結果、

冒頭に記載した以下の悩みは解決しました。

  • ブログ書き始めていたら凝ってしまい1時間経過してしまった
  • 気づいたらネットサーフィンを始めていた
  • 気づいたら寝る時間がなくなっていた



そのおかげで、

心身を回復する時間を確保でき、

仕事でもメリハリにより

成果に繋げることができるようになりました。

まとめ

  • ポモドーロ・テクニックや、ストップウォッチ、タイマーを活用することで、心身に良い影響を与えている

おわりに

皆さまは、

時間管理のためにどのようなことをやっていますか?

是非コメントで教えてください。



感想や、「こうしたらもっと読みやすくなるよ!」などのコメントもお待ちしております。

気に入っていただけた方は是非 「読者になる」ボタンをクリックして、読者になっていただけると嬉しいです!

読んでくださりありがとうございました!